泉北高速鉄道「光明池」より徒歩2分
0725-57-8817

【診療時間】
9:30~13:00/14:30~19:30
(木曜・日曜・祝日は休診日)

予防・検診 PREVENTIVE DENTISTRY/DENTAL SCREENING

  • TOP
  • 予防・検診

「プロフェッショナルケア+セルフケア」で80歳になっても20本の歯を残せるように

皆さん、「毎日きちんと歯磨きしていますか?」、この質問には、たくさんの方が「はい」とおっしゃいます。
では、「磨き残しなく歯は磨けていますか?」、この質問に自身をもって答えられる方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
歯ブラシだけしか使用していない場合、一般的に歯に付着する歯垢の50~60%ぐらいしか磨けていません。
右の歯の模型を見ていただくとわかりますが、歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくく、また歯と歯茎の境目のくぼみとなる部分も歯ブラシがうまく使えていないと磨き残しやすい部分になります。
磨き残しがあると、虫歯の原因になるだけではなく、歯を失う一番の原因である歯周病にもかかりやすくなります。
そこで、当院では、皆様自身でしていただくセルフケアとして、「歯ブラシ」+「フロス」+「ワンタフトブラシ」の3つを使ったケアを推奨しています。

 

「プロフェッショナルケア+セルフケア」で80歳になっても20本の歯を残せるように

 

この3つを使ったケアをしっかりと行えば、約90%前後の歯垢を除去することができます。
しかし、歯周ポケット部分を皆さん自身で磨くことは難しく、また、既にできてしまっている歯石は通常の歯磨きで取ることはできませんので、歯科医院での専用の器具を使った定期的なクリーニングが必要になります。

 

「プロフェッショナルケア+セルフケア」で80歳になっても20本の歯を残せるように

 

予防歯科で、問題の早期発見と健康な口腔環境維持を

日本では、まだまだ「歯医者は、歯に問題がでてからいくところ」という考えの方が多いのではないでしょうか?
そのため、80歳になったときの残存歯数が欧米に比べて低いという調査結果がでています。
1989年(平成元年)に、厚生省(当時)と日本医師会が提唱して発足された「8020(ハチマルニイマル)運動」の開始当初は、「8020」達成者の割合は、約7%程度でした。
その後の継続した取り組みにより、2011年の調査では、達成者約35%と増えてはきているもののまだまだ充分な数字とは言えません。
人の歯は皆さんもご存知の通り、十代前半には全ての歯が乳歯から永久歯に生え変わり、その後何十年とその永久歯のお世話になります。
歯を失ったとしても、医療技術の進歩により、食事ができるように歯の環境を取り戻すということも多くできるようになりましたが、もともとの自分の歯に勝るものはありません。
歯を健康に保つということは単に毎日快適な食事が楽しめるということだけではなく、体全体の健康とも深く関わっています。
最近の研究では、歯周病と他の病気(狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病)や低体重児早産などとも関わりがあることがわかってきています。

予防歯科では、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、いつまでも健康な歯で快適な生活がおくれるようお手伝いをさせていただきます。

フッ素塗布

歯の一番外側にあるエナメル層は、フッ素を取り込むことでより丈夫に硬く、そしてむし歯になりにくくなります。当院ではフッ素塗布を最重要視しており積極的に行っています。
フッ素は濃度や時間などを間違って行うと問題はありますが、適切な量、時間で使用すれば最も効果があると当院は考えています。

PMTC(プロケア)

歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。プロが日々のブラッシングでは落としきれない汚れを丁寧に清掃します。
特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方におすすめです。

TBI(ブラッシング指導)

当院では、必要に応じて歯科衛生士による歯磨き指導を行っています。毎日ご自身が行うブラッシングは、むし歯や歯周病を予防するために大切な要素です。
正しいブラッシングを身につけることで、プラーク(歯垢)を溜めることなく清潔な歯にしましょう。

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分をむし歯予防する方法です。奥歯など歯磨き時にブラシが届きにくい場所に有効です。

和泉市 妊婦歯科無料検診

和泉市では、健やかな妊娠と出産を支援するため、妊婦歯科検診を実施しています。
妊娠すると、唾液の量が減り口腔内が酸性に傾くため、虫歯になりやすかったり、ホルモンの変化により歯肉から出血をしやすかったりします。
また、近年の研究で、妊娠中の歯周病が早産、低出生体重児のリスクを約7.5倍も高めるというような報告もされています。

母子ともに安心して健康な出産をしていただくためにも、この機会に無料検診をお受けください。

対象者:妊娠中の女性(和泉市民)
検診内容:問診・口腔内診察(むし歯や歯肉の状態の診察)
回数:妊娠中に1回
持ち物:和泉市妊婦歯科検診受診券・母子健康手帳・健康保険証

※検診以外の処置・治療を受けられる場合は、医療保険扱いとなります。

詳細については、和泉市ホームページをご確認ください。